本当に効果があるねずみの駆除方法が知りたい!

出来るだけ自分でネズミの駆除を行いたいという人の為の情報を紹介するサイトです。

作業方法についてのお話

ネズミ駆除のあと清掃したほうがいいの?

投稿日:

ネズミを駆除したら必ず清掃や死体処理などの後始末をしましょう

『RAT POISON』

ネズミを駆除したらきっちり清掃しましょう

毒のエサなどを使ってネズミ駆除をしたら、それでネズミ退治は終わり、と勘違いしている人がいますが、実はネズミ退治はここからが本番です。

死んだネズミを放置しておくと、そのネズミのまわりにウジなどの害虫がわき、ネズミとは別の問題が生じてしまうので、そうならないように、死体をきっちり処分する必要があるのです。

ネズミの死体が室内ではなく、屋根裏や床下にある場合、これらの死体を完全に処分するのは難しいですが、それでも、手の届くところにある死体は確実に処理しておきましょう。

手の届かないところにある死体も、長い棒などを使って手元に引き寄せて処理したほうがいいです。この後始末は非常にめんどうですが、これをやっておかないと後で困りますので、ネズミ駆除をしたら、死体の処理や清掃などの後始末を、忘れずにしておきましょう。

ネズミの死体をかたずける方法

当たり前の話ですが、ネズミの死体にそのまま素手でふれてはいけません。ネズミは病気と不衛生の塊なので、それに直に触るとこちらの手に病原菌が移ってしまうからです。

なので、後始末をする時は必ずマスクとビニール製の手袋を身に付けておきましょう。マスクをして手袋をつけた状態で、そのままネズミの死体を持ち上げて捨てるという手もありますが、出来れば、捨てる前に死体に殺虫剤を吹きかけてから捨てたほうがいいです。

なぜなら、そのネズミの死体に虫がいる可能性があるからです。どうせ捨てるものだから死体に虫が付いていてもいい、と考えるなら別ですが、そうでないなら、殺虫剤を吹きかけてから捨てたほうがいいでしょう。

ちなみに、このネズミそのものは燃えるゴミになりますので、ビニール袋などに入れない方がいいです。新聞紙か広告のような大きい紙に包み、その包みをガムテープで張り付けておく、というやり方で処分したほうがいいでしょう。

そうすれば、その包みをそのまま燃えるゴミとして処分することができます。

-作業方法についてのお話

執筆者:

関連記事

『とおせんぼ』

ネズミ駆除の「とおせんぼ」はネズミに学習をさせて防除するアイテム!

一度設置したら半永久使用が可能!ねずみ駆除 とおせんぼ ネズミ駆除用の製品はたくさんありますが、その中でも「とおせんぼ」と言う製品はご存知ですか?とおせんぼの仕組みを理解してみましょう。 とおせんぼは …

ネズミ獲りにハマったネズミ

ネズミ駆除の時間ってどれくらいかかるの?

ネズミ駆除には時間がかかりますが専門業者に頼めばすぐに駆除してくれます ネズミ駆除には時間がかかります 毒のエサを使う、煙でいぶり出すなど、ネズミ駆除には様々なやり方がありますが、どのようなやり方を使 …

ねずみの巣の入り口でネズミを待ち受ける猫

ネズミ駆除でおすすめの方法はどういうのがありますでしょうか?

ネズミ駆除でおすすめの方法は基本的に専門の業者に頼むのが良いです。 これから本気でネズミ駆除をやってみようと思っている人の多くはどういう方法でネズミ駆除をやるのが良いのかと思っている人も多いです。 な …